世界中で大ブーム!韓国発の大人気番組『イカゲーム』とは?その秘密に迫る!

 

はじめまして。

こんにちは♪

 

最近ポッコリおなかが気になる32歳のリョウです。

 

少しずつ寒くなってきたこの時期は、部屋にこもりがち!

そんな方に、最近流行りの『イカゲーム』を紹介したいと思います。

 

イカゲームとは?

2021年9月17日に全9話で公開され、配信開始からわずか1ヶ月で視聴した世帯は1億1100万人以上、世界およそ90ヶ国で視聴ランキング1位を獲得し、Netflix至上最大のヒット作となった韓国発のドラマシリーズである。

主人公たちは多額の借金を背負いながら、43億円以上の賞金をかけたゲームに挑戦。失敗すれば死亡するスリリングな展開と、登場人物たちの裏切りや絆、、、そして、ゲームに渦巻く陰謀が描かれた、いわゆる"デスゲームもの"だ。

www.netflix.com

 

なるほど、なるほど、、、。

僕らの世代のデスゲームといえば、カイジライアーゲームなんかを思い出す。

 

イカゲーム』のファン・ドンヒョク監督も「発想の原点は日本の作品。『バトル・ロワイヤル』や『ライアーゲーム』など、日本の作品を見て影響を受けた」と語ってるほど。

 

では、なぜこのタイミングで人気になったのか?

その秘密を紐解いた。

 

人気の理由とは?

大きく3つあると紹介されている。

  1. パッとイメージしたとき、人気のデスゲームものに加えて、出てくるゲームが全部子どもの遊びだった。特に『だるまさんが転んだ』は世界中にある遊びだ。なので、どの国の人が見ても面白さが伝わった。
  2. 『社会問題と差別』を考えさせる仕掛けがあった。深くて難しいことが入っているかというと、そうではないが、適度に貧しい者と富める者の格差、ちょっとしたセリフやキャラクターの行動に出る男女差別、学歴差別に対する意識、外国人労働者、そして敗北者に対するあらゆる差別問題がところどころに入っている。映画『パラサイト 半地下の家族』に近いところがあると思う。
  3. ここ3年間くらいでBTS防弾少年団)がアメリカでも大スターになり、映画『パラサイト 半地下の家族』もオスカーをとり、『愛の不時着』も世界的に人気を集めている。特に『愛の不時着』はアメリカがロックダウン中、Netflixで視聴された作品第6位だったそう。『次に韓国からどのようなエンタメが来るんだろう』といった信頼があって、期待されている。そんな土壌ができているからかもしれない。

『イカゲーム』大ヒットの要因をひろゆき氏が分析「条件はグロさ」日本エンタメが世界で戦うには?(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース

 

確かに、韓国系のものってかなり流行ってますよね。

食べ物にしてもそう。音楽、ファッションにしても。

 

流行りに僕も乗ってみます!

 

みなさんも是非、見てみてください♪

ではまた~